こぶしを見ると元気がでる

こぶしを見ると元気がでる
散歩している道に、こぶしとかモクレンの白い花が少なくなった。近くの寺の境内に屋根より高くそだったモクレンの木があったが昨年切り倒された。墓地になるためかも。小学校の隣の家にあったこぶしの木は小さく切り落とされ、視線に入りずらくなった。緑化計画が唱えられているが時の声として、保育園を作るという勢いがある。1000坪の森林が伐採され大木がトラックで何台も運び出された。保育園を作る、市は補助金も出すそうだ。100年育った森林が無くなった。カナダを旅行したとき、その自然に育つ木々とその枝ぶりに感激してきたが、狭い日本の都市化はこれでいいのだろうか。一方で空き家が増え、その庭木は雑然として荒廃している。疑問に思うがこの大衆主義政策には抵抗のしようがない。2017.3.18記
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

アクセス数
プロフィール

ホワイトドン

Author:ホワイトドン
1937年丑歳です。千葉県鎌ケ谷市在住
好きな食べ物は丼物ならなんでも。シチュウ、ハンバーグ。日本蕎麦

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR