やってよかった施設訪問演奏

やってよかた施設訪問演奏
特養老人ホーム100人入所している3階建ての大きな施設である。1階のホールに50人ほど集まってくれた。
「マンドリンだってさ」という女性がまちどうしそうに何度も言う。男性も10人はいる。はじめは静かだったが「北国の春」はマンドリンの音色が消えるように、みなさんの歌声が大きい。「氷雨」のときは”楽しいね”と話してくれた。予定の1時間が過ぎ、また逢う日までお元気でいてください。と「また逢う日まで」をしめくくりに演奏した。
みなさんは順次部屋に戻っていく、お茶の時間になるようです。出口に立っていると、車イスをうごかして寄って来た85才のおばあさんが、涙がでましたと言って。亡くなった主人と二人でよく歌った「また逢う日まで」を聞いて思い出しました。あなたが主人に似ているようだったから・・・といって目頭にハンカチをあてる。男の人が私の手を黙して握る。感激の表現のような感触に受け取れた。
ありがとうございました。感謝の声に次は7月に予定しようと心に置く。2016.4.28記
スポンサーサイト
アクセス数
プロフィール

ホワイトドン

Author:ホワイトドン
1937年丑歳です。千葉県鎌ケ谷市在住
好きな食べ物は丼物ならなんでも。シチュウ、ハンバーグ。日本蕎麦

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR