姉も同じ医師にかかる

姉も同じ医師にかかる
姉とは久しぶりに会った。実兄の葬儀のときである。手足のしびれを近所の病院に相談したら救急車で入院。軽い脳梗塞だった。カテーテル検査の結果推骨の近くにある血管が細くなっているので手術が必要だと診断された。偶然にも私と同じ医師である。
実兄の長男夫婦が病院の保証人になり、親身に世話してくれていると聞いた。私は足が不自由で急の用事にサポートできないので本当によかった。行く末のこともお世話になる相談をしたそうである。・・・家の処分、小泉家に入るお墓のことまで。
若い時に大変世話になったのに、私を頼ることもできずにいる姉が不憫である。手術後長生きしてほしい。2016.2.23記
スポンサーサイト
アクセス数
プロフィール

ホワイトドン

Author:ホワイトドン
1937年丑歳です。千葉県鎌ケ谷市在住
好きな食べ物は丼物ならなんでも。シチュウ、ハンバーグ。日本蕎麦

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR