岐路に立つ

また、岐路に立つ。3月末自転車と共に転倒し左大腿骨頭骨を骨折した。チタン製の頭骨を埋め込む手術を受け、翌日からリハビリ開始。4週間経過し退院、自宅リハビリのスタート。約2000歩杖付で歩けるようになったので、床屋に行こうと思い往復5000歩歩いた。翌日から左ひざが痛みだす。ますます痛みが増す。歩くのをやめリハビリ体操のみの生活が5日間過ぎたが痛みは増すばかり、けれども用事があり約400m歩いた。歩数カウンターには響かないほどのそろりそろり歩きだった。健康体でありながら自ら体を痛めてしまった。情けない。何に夢を持って残りの人生を過ごすのか。まず先に今まで楽しんできたマンドリンは弾けるのか。左足を使わず弾けることが分かった。せめてもの安堵!庭木の剪定などは当面無理のようである。勢いのいい新緑茂る庭を眺め、なんとかならにものかと毎日思案している。
6月1日は練習所として借りている公民館の行事で4人で演奏する予定がある。当面の楽しみである。2014.5.14記
スポンサーサイト
アクセス数
プロフィール

ホワイトドン

Author:ホワイトドン
1937年丑歳です。千葉県鎌ケ谷市在住
好きな食べ物は丼物ならなんでも。シチュウ、ハンバーグ。日本蕎麦

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR