逢瀬川の土手に植樹

逢瀬川の土手に植樹
河川排水対策の重要課題に取り組んでいた17年前である。工場の主力製品の製造工程で使用する年間1万トンの触媒を転換する作業やプラントの清掃、排水処理設備の清掃など全工場挙げて環境保全と安全に忙殺していた。直径30cmの塩ビ配管にヒビが入り塩素ガスが漏えいした。苛性電解が緊急停止し、設備や計装の修復に協力会社の方々や従業員全員が長い間、対策に大忙しだった。工場のトップとして関係者に頭が下がる思いの毎日だった。阿武隈川の河川利用者にとっては重大なことであり、大きな社会問題であった。このような最悪の出来事が少し解決する方向が見えだしてきたときに、郡山市主催の逢瀬川河川クリーニングデイがあり、日曜日であったが、希望者と一緒に参加した。1996.6.9阿武隈川との合流地点にある食品工業団地の広場に集合し、逢瀬川の土手を歩きながら、ゴミ拾いし、49号線の橋(富田)まで進んだ。桜の苗木をいただき植樹した。(写真)解散後も歩き、疲れたので並木温泉に入って足をもみ、郡山駅近くの自宅に帰った。
つらい思いと共に記念になる桜の苗木を植樹したことは今17歳になった桜を見て感激まさに深まる。2013.10.29記
スポンサーサイト
アクセス数
プロフィール

ホワイトドン

Author:ホワイトドン
1937年丑歳です。千葉県鎌ケ谷市在住
好きな食べ物は丼物ならなんでも。シチュウ、ハンバーグ。日本蕎麦

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2013/10 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR