高静小学校の校門を入ってから


6月16日北海道静内の街には八重桜、つつじなど色とりどりの花が咲いている。祖父母と両親の墓参りし、タクシーの運転手さんにお願いして卒業した小学校に立ち寄った。69年前の入学した当時を想いだす。正門の位置は変わらない、校舎に向かって校庭の中央で止まり拝礼する。右横に体の向きを変え神社と二宮金次郎銅像に拝礼する。それから校舎右端の入り口に向かう。神社は無かったが金次郎銅像はあった。入学の日は近所の友達と一緒に歩いて行った。その友達はもういない。小学校は広い、校舎は大きい、ポプラの木が高々とそびえていた。家から小学校までは山まで続く細い馬車道を歩く。左右は田んぼや畑、道に沿って小さな川が流れその土手が思い出された。”おかげさまで今日の自分があります”と感謝し、タクシーで静内駅に向かった。2013.6.23記
スポンサーサイト
アクセス数
プロフィール

ホワイトドン

Author:ホワイトドン
1937年丑歳です。千葉県鎌ケ谷市在住
好きな食べ物は丼物ならなんでも。シチュウ、ハンバーグ。日本蕎麦

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR