秋の天皇賞レースはすこぶる爽やかだった

秋の天皇賞レース、たまたまつけたテレビ中継にくぎ付けにされた。東京競馬場を見るのも久しぶりだし、両陛下が観戦しているし、レース前の馬場の場面を見ながら、いろいろなことを想い出した。一番人気のフェルメールを追い大軍が四コーナーから外枠を駆けあがってきた。後方中段から内枠を一気に突進し、抜き去り、優勝したエイシンフラッシュ。見事な騎乗ぶりのイタリア出身のデムーロ騎手、作戦成功!のガッツポーズ。スタンドの両陛下の前でひざをついて一礼した光景が印象深かった。短い時間のドラマだったが、久々に爽快な気分になった。
想えば、1966(昭和41年)日本ダービーに優勝した親戚の馬テイトオー。1980(昭和55年)有馬記念で優勝した親戚の馬ホーヨウボーイのときを思い出す。ダービーのときは京都のおじさん(調教師)の話題なので少し距離があり、新聞や会社の競馬ファンとの会話で自分が盛り上がったことを思い出す。有馬記念のときは馬主や生産者の親戚の方々と一緒に中山競馬場に行き馬主席から観戦していた。ホーヨウボーイがゴールし、1階まで階段を駆け下り親戚のおじさん達と一緒にホーヨウボーイを迎えた。心は興奮し天に昇る高まりだった。全身汗でビッショリ白い湯気が馬から立ち上がり、目はランランと輝いていてキョロキョロしている。「やったぞ」と言っているようだった。今回テレビ観戦でも、エイシンフラッシュは全身汗、湯気が立ちあがり、目も輝いて見えた。
中山競馬場の大観衆のスタンドを前にして有馬記念に優勝したホーヨウボーイのともづなを持ち一緒に記念撮影したことも想い出す。心が躍るといった気持になることが少なくなった近頃、気持ちいい爽快感に心が躍った。ありがとう!2012.10.30記
スポンサーサイト
アクセス数
プロフィール

ホワイトドン

Author:ホワイトドン
1937年丑歳です。千葉県鎌ケ谷市在住
好きな食べ物は丼物ならなんでも。シチュウ、ハンバーグ。日本蕎麦

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR