TIME TO SAY GOODBYEを編曲

テノール歌手の錦織 健さんとピアニスト河原忠之さんのリサイタルを聴いた。1500人満員の人気。
18曲を歌い、その上にギターを抱えカンツオーネ2曲、河原さんのピアノソロ2曲、アンコール5曲と合計2時間内容の濃いコンサートだった。約10年前に錦織さんの歌声で「タイム・トウ・セイ・グッバイ」を聴き、マンドリンで弾いてみたいと思っていた。その後TVでサラブライトマンのコンサートでこの曲を聴き胸が高鳴った。譜面が見つからなかったが、最近通販のアマゾンから同じ題名のカンツオーネの譜面を手に入れマンドリンとマンドラ・ギターの合奏曲として編曲してみた。
今回のコンサートでも、歌とピアノ伴奏に聴きほれ、その残像が消えないうちにと早速自分が編曲した譜面を見直してみた。錦織さんのテノールと英国サラブライトマンのソプラノの歌声に比べて弦楽器によるこの曲の表現がどのように感じるか楽しみである。早く仲間で合奏するときがくるといい。2012.9.23記
スポンサーサイト
アクセス数
プロフィール

ホワイトドン

Author:ホワイトドン
1937年丑歳です。千葉県鎌ケ谷市在住
好きな食べ物は丼物ならなんでも。シチュウ、ハンバーグ。日本蕎麦

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR