施設のみなさんと歌うマンドリン

施設のみなさんと歌うマンドリン
7月25日老人介護「いわむろの里」26日「ケアハウスだいろ」そして最後は障害者施設「かたくりの里」を訪問した。初めての経験だった。約50人入居、平均年齢50才という。塗り絵コーナー、リハビリの機械コーナー、食堂、入浴施設など規模が大きい。自由に過ごす広い部屋に案内され、車椅子の人約30人と職員は約10人いる。予定1時間マンドリンとマンドラでポピュラーソングを演奏した。50才の人が19才の頃テレビ放映された「北の国から」をスタート。霧の摩周湖、白いブランコ、わたし祈ってます、兄弟船、みだれ髪、酒よ、少年時代など。「次は酒よヨシイクゾー」とナレーションを入れたら、「カワシマエイゴ」という人がいた。じゃ~最後に酒と泪と男と女を弾くね。
ちょうど持ち時間が一杯になったが、川島英吾の曲を弾いた。親指を立てた右手を私の方に上げてくれた。
「ふるさと」を合唱して終了。満足感で一杯になった。
職員から「私たちも癒されました」と数多く言われた。車いす生活、足は細い、上半身は健常者、ストレスも多いそうです。職員は障害者の入浴の世話で一日過ぎる。気晴らしに旅行も演奏会など行きにくい。施設には訪問者が少なく、ぜひまた来てほしいと言われた。職員のためにも、と。2012.7.31記
スポンサーサイト
アクセス数
プロフィール

ホワイトドン

Author:ホワイトドン
1937年丑歳です。千葉県鎌ケ谷市在住
好きな食べ物は丼物ならなんでも。シチュウ、ハンバーグ。日本蕎麦

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR