駅から見える弥彦山

駅から見える弥彦山
弥彦の駅ホームから弥彦山が見えるようになった。
弥彦の駅を出ると直前にホテルがあり温泉街の入り口だという印象が、妻との出会いの始まりであった。もう47年前である。今年の4月には写真のようにホームから弥彦山が展望できる。新鮮な感じがわいてきた。2017.5.7記
スポンサーサイト

こぶしを見ると元気がでる

こぶしを見ると元気がでる
散歩している道に、こぶしとかモクレンの白い花が少なくなった。近くの寺の境内に屋根より高くそだったモクレンの木があったが昨年切り倒された。墓地になるためかも。小学校の隣の家にあったこぶしの木は小さく切り落とされ、視線に入りずらくなった。緑化計画が唱えられているが時の声として、保育園を作るという勢いがある。1000坪の森林が伐採され大木がトラックで何台も運び出された。保育園を作る、市は補助金も出すそうだ。100年育った森林が無くなった。カナダを旅行したとき、その自然に育つ木々とその枝ぶりに感激してきたが、狭い日本の都市化はこれでいいのだろうか。一方で空き家が増え、その庭木は雑然として荒廃している。疑問に思うがこの大衆主義政策には抵抗のしようがない。2017.3.18記

梅満開

デイサービスは盛り上がる
散歩の途中梅林の径を歩き「あゝ梅が満開だ~」と心でしゃべった。通り過ぎた瞬間、なぜだか戻る。風速約10mの春2番に太い枝ごと激しくゆれている。この梅の咲きようを1枚に切り取ることができるだろうか。と思いながらつぎつぎとやってくる風の波を感じながらシャッターをきる。生きる喜びを見せてくれたように、心にとどめた。2017.2.21記

河津桜の見える三浦の畑

河津桜に囲まれた三浦の農家
三浦大根で名がしられているところ。もちろん、大根の畑はこの写真の後ろだが、普通の大きさの大根が育っていた。この畑はキャベツの苗を植えているところ。ご夫婦らしき男女がしゃがみながら植え付け作業をしていた。根気のいるしごとである。ちょうど河津桜が満開で、しかも快晴に恵まれた14日の日帰り旅でした。2017.2.19記

春一番が来た

春の時を告げてくれた
庭のクロッカスが咲いた。春を告げにきた。
今日は風速20mかな?畑が広がる地域は砂煙が舞い上がり、家のサッシュ窓枠から微粉が侵入してくる。
街を散歩したが吹いてくる砂の風で顔は痛い。体もとばされそう。
早々に弁当を2個買って家に帰った。2017.2.17記
アクセス数
プロフィール

ホワイトドン

Author:ホワイトドン
1937年丑歳です。千葉県鎌ケ谷市在住
好きな食べ物は丼物ならなんでも。シチュウ、ハンバーグ。日本蕎麦

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR