春早まる

春が早まる
昨日は20℃を超す暖かさだった。衣を2枚脱いで気持ちも軽く、友人ご夫妻と一緒に老人施設まで歩く。のどかである。
介護士が代わり、新人の方がボランティア担当になったので、打ち合わせもなしにスタート。進行も演奏の出来具合に影響する。「第三の男」のリクエストがあったので、演奏したが良かったのかどうか反応が無くチョットガッカリでした。「雪国」のリクエストもあったので演奏したが反応が無い。これが老人ホームなのか。自分に言い聞かせている。2018.3.16記
スポンサーサイト

リクエスト曲越天楽に挑戦

リクエスト曲越天楽に挑戦
体調がいいので、リクエストをいただいた日本古謡「越天楽」のアレンジを試みた。
ピアノの曲を手に入れた、これをベースに笙とマンドリンの共演ができるように考えてみた。
越天楽は「黒田節」の原曲と言われ、またワーグナーの歌劇の中の「結婚行進曲」の旋律に歌われている、という。リクエストした方の気持ちは聞いていなかったので、越天楽という言葉で希望されたので古謡に軸足をおいて組み立ててみた。2017.12.28記

師走のコンサート

師走のコンサート
特養老人ホームのマンドリンライブは少し気遣いする。約30人ほどだが、大部分の方は反応がかなり鈍い。弾き手の私も同じ年齢だが、自分ならここで乗ってくるのに・・・と思うがそうはいきません。かたや少し反応のいい方たちは演奏曲紹介のときにも会話は行き来する。この大きな違いを気にしながら同時進行させるのは大変。話に集中すると手元の準備がうまくいかない。音楽ライブは楽しいがうまくいったときの話である。今回は比較的によかったと思う。「来年元気に会いましょう」というと「いつですか?」「え~桜の咲く頃かも」というと「え~そんな先かね!」という会話でした。ありがとう。2017.12.19記

沢山のリクエスト

沢山のリクエスト
今日も快晴、旅館富士屋の部屋からパチリ。雨上がりで紅葉が鮮やかに見えた。
施設「だいろ」では演奏開始前から入所者の方からリクエストが続出した。なかでも「越天楽」には驚いた。次回まで研究してきます。手作りの製品を4個いただいたり、男性から石原裕次郎の歌う曲の声があったり、いつになく賑やかでした。来年4月桜咲くころまたやってきたいと思います。入所者の構成が少し変わったようで、次回の選曲には一工夫必要だろうと感じた。2017.11.25記

目が見えない人のピアノとマンドリンのコラボ

目の見えない人のピアノとマンドリンのコラボ
岩室温泉地区にある障害者施設に通所している男性からマンドリンと一緒に演奏したいと希望があり、快諾した。希望曲は「学生時代」と「瀬戸の花嫁」という。イントロを2回練習し、通しを1回と2曲を合わせた。そして本番 みごとでした。彼はPart1を弾き、私はPart2を弾き、ギターとベースをソフト音源から再生し合奏した。音感とリズム感が優れている。次回もやりますかと言ったらOKだという。次の訪問も楽しみが増えた。2017.11.21記
アクセス数
プロフィール

ホワイトドン

Author:ホワイトドン
1937年丑歳です。千葉県鎌ケ谷市在住
好きな食べ物は丼物ならなんでも。シチュウ、ハンバーグ。日本蕎麦

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR