やすらぎの郷主題歌慕情を編曲する

やすらぎの郷主題歌慕情を編曲した
4月3日スタートした倉本聰脚本のTV朝日系ドラマ「やすらぎの郷」が毎日昼に放映される。結構おもしろい。この主題歌「慕情」は毎回全曲流れる。中島みゆきの作詞、作曲そして唄う。この曲の楽譜を探したが無い。TVの音から採譜した。
曲の変化を出すためかドラムスが効果的で心地いい。私の使っている音源ではドラムスの使い方がうまくいかない。ちょっとリズムに工夫をして編曲してみた。次回のデイサービス施設訪問のときに演奏しよう。2017.5.22記
スポンサーサイト

次の曲は何にしますか

楽しんでくれてありがとう
「秋元さん次の曲は何にしましょうか」と訪ねると「今日でお別れ」を+4「もう一度札幌」を+3でお願いします。
原曲を探してからいろいろ調整した結果、KeyをEmすれば音程はいいだろう。として編曲した。
音源の選択も結構曲のムードに関係するので、いろいろ試みながら楽しんだ。
庭の緑が一段と色濃く、茂ってきた。2017.5.20記

リクエストあり「もう一度札幌」

リクエストあり「もう一度札幌」
音は4つ上げてお願いします。「もう一度札幌」です。男性からのリクエストである。
知らない曲だった。歌っている「宗右衛門町ブルース」は1つ下げてくれると丁度気持ちがいいので。お願いしたいと言われた。
FからEbにキーを下げて譜面を再製し、伴奏譜をタブレットに記録した。「もう一度札幌」は知らない曲だし、原譜がないとアレンジができない。なんとか探しだした。結構楽しい曲である。2017.5.8記

一人マンドリンライブを楽しむ

一人マンドリンライブを楽しむ
施設訪問し1時間の一人マンドリンライブを楽しんだ。ボーズのスピーカーにタスカムを接続し、音源のパートナーと共演する。
事前にソフトでアレンジした曲をSDに記録し、曲目を選択しながら再生する。練習も自宅で手軽にできるのでいい。この日は13曲だったが、アンコールの声があり、「北国の春」が手持ちにあったので偶然応えることができた。2017.5.5記

演奏中感動したのははじめて

丸小山の春
岩室温泉にある老人施設「いわむろの里」を訪問しマンドリンライブをしてきた。近くの丸小山公園の桜は満開。広い敷地だが人は誰もいない。もったいない気持ちになった。施設でライブ演奏を始めたら、一人の老人がノロにかかり、転倒してオデコと膝に傷を持っている。ベットに横になっている方がいい状態なのにライブを”聴きたい”と言って施設の4階から車いすで参加していた。勿論看護師付きである。通りやんせなど2曲を歌って、強制的に戻されていた。「もう1曲」と言って居続けるその老人を右目の視野に入れ、演奏中涙がでてきた。2017.5.1記
アクセス数
プロフィール

ホワイトドン

Author:ホワイトドン
1937年丑歳です。千葉県鎌ケ谷市在住
好きな食べ物は丼物ならなんでも。シチュウ、ハンバーグ。日本蕎麦

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR