盛り上がりに満足

盛り上がりに満足
身体的には普通の生活ができる65才以上の方が入居している施設がある。独身寮生活のようである。病気になったり、痴呆が始まったり、介護が必要になると他の施設に移動する。そんな老人施設に訪問した。
春に訪問してから3か月しか過ぎていないが、顔ぶれが代わっている。初めての方が多いので、演奏開始後30分ほどは演奏者の私との空気が静まり返った様子である。演奏しながらどうしようか考えていたが、会話が主ではないので対応が難しかった。後半になって、以前入居していた方が生前にリクエスト受けた曲を弾いてから雰囲気が賑やかになった。故人をしのぶお話しもして、再度リクエストにこたえて「林檎の木の下で」をマンドリン演奏した。とても感謝された。次回は11月に訪ねたいと思いますが・・・に対して会場内は「待っているよ」の連呼の賑やかさになった。今回も喜ばれてよかった。2017.7.21記
スポンサーサイト

真夏の岩室ライブ

真夏の岩室ライブ
九州などの大雨水害、そして全国的な猛暑がつづいている最中に新潟岩室温泉を訪問した。
露天風呂から眺める景色は木々の茂る山、かすかな風の音に包まれる。源泉の湯はイオウの匂いが鼻に触る。
朝と夜に入浴する毎日は幸せそのものだ。1週間の滞在が束の間に過ぎた感じであった。2017.7.17記

和歌山城の城壁

和歌山城の石組み
息子の家族と和歌山城を見学した。城壁の石組みは見事に積み上げられている。
来週予定のデイサービス。「夏の思い出」季節のご挨拶である。少し歌い慣れていないと思う曲を選んでみた。「夢芝居」「北酒場」そして「恋は神代の昔から」である。ご老人は歌わないで聴くだけになるかもしれない。脳の活性化のためには”聴く音楽の時間”も老化防止にいいそうだ。専属歌手とは2曲「もう一度札幌」と「さよならは五つのひらがな」である。私は初挑戦。2017.6.20記

やすらぎの郷主題歌慕情を編曲する

やすらぎの郷主題歌慕情を編曲した
4月3日スタートした倉本聰脚本のTV朝日系ドラマ「やすらぎの郷」が毎日昼に放映される。結構おもしろい。この主題歌「慕情」は毎回全曲流れる。中島みゆきの作詞、作曲そして唄う。この曲の楽譜を探したが無い。TVの音から採譜した。
曲の変化を出すためかドラムスが効果的で心地いい。私の使っている音源ではドラムスの使い方がうまくいかない。ちょっとリズムに工夫をして編曲してみた。次回のデイサービス施設訪問のときに演奏しよう。2017.5.22記

次の曲は何にしますか

楽しんでくれてありがとう
「秋元さん次の曲は何にしましょうか」と訪ねると「今日でお別れ」を+4「もう一度札幌」を+3でお願いします。
原曲を探してからいろいろ調整した結果、KeyをEmすれば音程はいいだろう。として編曲した。
音源の選択も結構曲のムードに関係するので、いろいろ試みながら楽しんだ。
庭の緑が一段と色濃く、茂ってきた。2017.5.20記
アクセス数
プロフィール

ホワイトドン

Author:ホワイトドン
1937年丑歳です。千葉県鎌ケ谷市在住
好きな食べ物は丼物ならなんでも。シチュウ、ハンバーグ。日本蕎麦

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR