こぶしを見ると元気がでる

こぶしを見ると元気がでる
散歩している道に、こぶしとかモクレンの白い花が少なくなった。近くの寺の境内に屋根より高くそだったモクレンの木があったが昨年切り倒された。墓地になるためかも。小学校の隣の家にあったこぶしの木は小さく切り落とされ、視線に入りずらくなった。緑化計画が唱えられているが時の声として、保育園を作るという勢いがある。1000坪の森林が伐採され大木がトラックで何台も運び出された。保育園を作る、市は補助金も出すそうだ。100年育った森林が無くなった。カナダを旅行したとき、その自然に育つ木々とその枝ぶりに感激してきたが、狭い日本の都市化はこれでいいのだろうか。一方で空き家が増え、その庭木は雑然として荒廃している。疑問に思うがこの大衆主義政策には抵抗のしようがない。2017.3.18記
スポンサーサイト

このトコロテン最高

このコンニャク最高
久しぶりに食通の先輩ご夫妻と会食を共にした。神田”やぶ”50年ほど前に一人で食べて以来の蕎麦である。当時庭を前に一人の老人がセイロ一枚と燗徳利一本で喫茶雰囲気の味わいをしていた。ことをときどき想いだしていた。久しぶりに白無地色のトックリを握り小さなおチョコに酒を注ぐ・・・なんといきなものか。傘寿を迎えて味わった。
妻と一緒に神田駅方向に歩く。30年ぶりに歩く須田町界隈は方向音痴だ!小川町交差点に行ってしまい、方向修正して神田駅方向を検討つけて歩く。当時行った方向とは反対側から「この店かな?」と思ったら・・・写真の左手に立っていた。寒天、トコロテンなどの店である。お孫さんらしい若い人が応対してくれ93才でおばあちゃんは亡くなりました、という。妻は袋に入った”寒天とトコロテン”とみつ1個を買い神田駅に着いた。感激!家に帰って食べた、妻はこれが本物です。とても高級な上品な甘味を味わった気分になった。先代の味を受け継ぐ若者がいた。感謝!2017.3.10記

左足も演奏の仲間にする

20才台の人気青春のアミーゴを編曲
フットパーカッションを購入し初挑戦。
100きん店でタンバリンを購入し半分に切断して、足に取り付ける様細工した。しかし足に固定されず不安定なのと音が鈍い。そこでネットで見つけた製品を購入した。左足に装着し、リズムをとりながらマンドリンを弾く。シンバルの音が加わり演奏が忙しくなった。2017.3.3記

9種類のいちご狩り~満足

9種類のいちご狩り~満腹
2月26日の日曜日、千葉県木更津のいちご園に行く。孫2人と大人3人、いちご園は小学生でも大人と同じ入園料なので1万円払って入る。8年ぶりだった。9:00オープンだが駐車場が一杯になったら早めでもオープンすると聞いたので8時に到着した。すでに長蛇の列。ぶら下がっているいちごはほとんど真赤、熟している。鈴なりだ!制限時間30分というのではじめから猛烈にダッシュする。15分経過して満腹、回りを見ながら少しお腹を休めた。9種類のいちご、食べ比べをしながら摘み取る。食べるのが忙しく味は?その区別は難しいものだ。家族は大喜び、忙しいイチゴ狩りだがストレス発散。2017.3.3記

梅満開

デイサービスは盛り上がる
散歩の途中梅林の径を歩き「あゝ梅が満開だ~」と心でしゃべった。通り過ぎた瞬間、なぜだか戻る。風速約10mの春2番に太い枝ごと激しくゆれている。この梅の咲きようを1枚に切り取ることができるだろうか。と思いながらつぎつぎとやってくる風の波を感じながらシャッターをきる。生きる喜びを見せてくれたように、心にとどめた。2017.2.21記
アクセス数
プロフィール

ホワイトドン

Author:ホワイトドン
1937年丑歳です。千葉県鎌ケ谷市在住
好きな食べ物は丼物ならなんでも。シチュウ、ハンバーグ。日本蕎麦

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR